こんにちは、Dog Shop MOCOです。
当店は自家繁殖のトイプードルを中心に、
「かわいい!」「元気!」にこだわった小型犬専門店です。

 日本ではペットショップと言うと、
生後40日頃からショーケースに入った状態での販売が主流ですが、
欧米ではあまりポピュラーで無い事だとご存知ですか?
(禁止されているところもあります)
最近では日本でも、現在の販売方法は動物虐待との声もあります。
私自身、ショーケースでじっと動かない仔犬を見ると、
かわいそう・・・・と思っていました。

おまけに、小さい頃から親犬や兄弟犬と離すことにより、
将来的に色々な問題行動につながってくる事もわかってきています。
生後3ヶ月は親や兄弟とふれ合う事が重要なのです。
しかし、ブリーダーにも色々な考え方があり、
出来るだけ早くから仔犬を手放したいと考えている方も多いですし、
仔犬を探していらっしゃるお客様も、
なるだけ小さい頃に家族に迎えたいとおっしゃる方が多いですよね。
ブリーダーからお客様との縁結びをする立場のペットショップ・・・、
理想のペットショップとは・・・、私が出来ることは何か・・・、
いろいろと悩んでDogShopMOCO(実店舗)を開く事にしました。
(基本的には自家繁殖のプードルが中心です。
他犬舎の子犬は厳選して引き受けますので滅多におりません。
また、お産が無い時などはまったく仔犬が居ない時もございます)

 当店では子犬が生後2ヵ月半頃になると親犬と離し
2階の産室より1階のお店の方に移します。
そして、昼寝タイムと夜のお休みタイム以外は、
サークル(ワクチネーションが終了した子は、時にはサークルも無し)で、
同胎子仔以外の仔犬達と一緒に思う存分遊ばせる事にしました。
いくつかのサークルに、色々な組み合わせで擬似兄弟を体験させるのです。
これからの生活に慣らすため、ラジオを流したり、掃除機をかけたり、
ブラッシングしたり、シャンプーしたり・・・、いろんな経験をさせます。
また、外の世界にも慣れなくては・・・と、お店が暇な時は、
1匹ずつ抱いてお散歩にも出かけます。
首輪にももちろん慣れてもらいます。
MOCOに居る間は、毎日が社会化なのです。

 でも、このようなスタイルを取るには、労力はもちろんですが、
健康管理が特に大変です。
仔犬はどんな病気を持っているか分かりません。
もちろんブリーダーそれぞれが、伝染病や寄生虫には注意を払っています。
それでも、伝染病の危険性はあるのです。
伝染病を防ぐため、新しく当店・当犬舎に来たわんちゃんは、
健康診断・検便を受け、最低でも1週間(伝染病の潜伏期間を考え)、
他の子とは隔離して育てます。
また、寄生虫はそれほど恐れなくても良いのですが、
仔犬の体調に良いことは無いので、こまめに検便を行い、
虫が発見されたときは、一緒に遊んでいる子も全員、駆虫を行います。
このように1匹1匹の健康管理を行うには、頭数にも限りがあります。
そこで当店には多くて10匹前後しかお店に居ませんが、
これが世話ができる限界だと思っております。

 一緒に遊ぶ仔犬たちはとっても元気です。
ある意味、おとなしい子は居ないかもしれません。
お客様がお店にいらっしゃると、みんな「抱っこして〜」とばかり、
自分を勢一杯アピールします。
時には当犬舎のトイプードルのお兄ちゃんお姉ちゃんも一緒に遊びます。
(お兄ちゃん・お姉ちゃんは普段は屋上で運動会です)
仔犬たちは喜んではしゃぎすぎ、
お兄ちゃんお姉ちゃんに叱られたりします。
でも、これが仔犬にとっては良いお勉強なのです。
人がしつける以上に、犬同士のふれあいの中で学ぶことは多いのです。

 ぜひ皆さんも、元気な仔犬たちに会いに来て下さいね。
仔犬たちも一緒に遊んでくれる人を待っています。
そして、素敵な家族が見つかることを祈っていると思います。